ネット商売で未だに生きているダイレクトメール

ダイレクトメールは、顧客に情報を提供する手段として費用や売り上げの面で効果的な戦略となっています。

ネット商売で未だに生きているダイレクトメール

顧客に情報を提供する手段となるダイレクトメール

ダイレクトメールは、顧客に情報を提供する手段として便利な物と言えます。何故なら顧客の自宅に直接送付することができるからです。例えばチラシとして配布した場合は、見ないで処分されてしまうことはあります。またテレビやラジオで大々的に広告を打つという方法は効果がありますが、その分大きな費用が掛かってしまうことになりますし、広告を制作するための費用も必要になります。これは資金に余裕がある場合は取り組める戦略になりますが、そうではない場合は、実行は難しいです。それを考えると、ダイレクトメールは、お得な戦略だと言えます。

まず顧客先に送付するということで、無駄な数を制作する必要はありません。あくまで氏名や住所を知っている顧客へ向けて情報を提供します。ですから大々的な広告を打つよりも格段に安い費用となるのです。また送付する場合の費用に関しても顧客だけになりますので、どれくらいの費用となるのかの予測を立て易いと言えます。ダイレクトメールが顧客先へ届けられると、顧客は他の郵便物と一緒に受け取ることになります。ですからチラシよりもしっかりと中身を拝見していただける可能性は高くなるのです。そうなれば、売り上げが増えて利益も多くなるのです。

オフィス・販促品の参考になるネタはすぐわかるこのサイトがお勧め★