ネット商売で未だに生きているダイレクトメール

ダイレクトメールは、広告としての意味合いが強いですが、他にも別の用途があり、それについて解説しています。

ネット商売で未だに生きているダイレクトメール

ダイレクトメールを送る意味とは

企業が発信するダイレクトメールには、主に「広告」の意味が込められており、様々な年齢層の人に、自社の商品を知ってもらうために発送されています。ダイレクトメールの発送先は、自社のアンケートに参加してもらった人や、以前商品を利用してもらったお客様だけに限らず、名簿業者などから名簿を買い取り、発送しています。「この商品の特徴は、こういうのだから、こういう人に勧めたい」と方針を定め、発送先を選びます。その後、実際にDMを作ってみて、発送します。

DMを発送するには、大量の郵送代がかかりますし、わざわざ切手を貼るのも大変な時間がかかる大仕事です。その時に、「広告郵便物」として郵便局にお願いすると、割引料金で配達を行ってくれます。ただし、広告郵便物としての扱いをお願いする場合は、事前に承認などの手続きがあるため、注意が必要です。

ダイレクトメールを送ることにより、自社の製品を皆さんに周知してもらえるだけではなく、DMを使った販促も行うことができます。例えば、ある店舗にそのDMを持って行くことで、一定の割引サービスを受けることができたり、クーポンコードを入力することで、商品到着時にプレゼントなどのサービスを受けることができます。このように、DMは広告の意味を持ちながら、様々な用途で使用することができるのです。

オフィス・販促品の参考になるネタはすぐわかるこのサイトがお勧め★